月別アーカイブ

【しろいね鍼灸接骨院が雑誌に掲載されました!】

  「あなたの街の優良交通事故むちうち治療院~むちうち改善率95%以上!神の手を持つスペシャリストに手会える本」にしろいね鍼灸接骨院が紹介されました。当院の治療スタッフは、厚生労働省認定の医療系国家資格を持つ先生です。交通事故専門弁護士と提携しており、法的サポートも完備。保険会社との様々な交渉や慰謝...続きを読む

★治療・リハビリにおいて必要なこと★

同じリハビリを行うにも、痛みがあれば、治療により痛みの軽減をして行う方が身体にやさしいですし、患者様自身も継続する意欲が保て、結果的に効果が高いものになります。骨折後拘縮治療や術後リハビリなど時と場合にもよりますので一概に言えることではありませんが、運動器におけるリハビリテーションは必ずしも痛みをこ...続きを読む

脊柱管狭窄症・変形性膝関節症 93歳男性

●居宅介護事業所様よりご紹介「脊柱管狭窄症・変形性膝関節症 93歳男性」 一人で外を出ることはなく、家の中で押し車を使ってスリ足で歩いている。一人暮らしのためヘルパーさんがいない時は身の回りのことは自分でしている。持病に脊柱管狭窄症があり、5分以上は立てない。また、右膝の0脚が強く、これも...続きを読む

坐骨神経痛による左腰~臀部(お尻)の痛み 87歳男性

●ご家族様よりご依頼「坐骨神経痛による左腰~臀部(お尻)の痛み 87歳男性」 元々農家で、今は自家用の作物を育てている。腰が痛いなりにもすぐ裏の畑に毎朝出るが、仕事は近所のボランティアの方にしてもらい、自分は座って眺めているだけだという。目標は出来たら一緒に畑仕事をしたい。要支援2。&nb...続きを読む

腰椎すべり症による下肢神経痛 77歳女性

●居宅介護支援事業所様よりご紹介「腰椎すべり症による下肢神経痛 77歳女性」 10年ほど前に東京から千葉へ引っ越してきた。結婚はしておらず、兄弟・家族はいない。一人暮らしを続けてきたが、年齢と共に徐々に体力が衰え、持病の腰痛がひどくなり、外出する機会は殆どなくなり閉じこもりがちな生活になっ...続きを読む

両側性坐骨神経痛・下腿浮腫 82歳女性

●地域包括支援センター様からのご紹介「両側性坐骨神経痛・下腿浮腫 82歳女性」 高血圧・糖尿病あり。両側性坐骨神経痛があり、歩き出しと夜間の痛みが強く、インドメタシンクリームをその度に塗ってどうにか過ごしている。下腿のムクミも強く足部の甲や裏にシビレや痛みがでることが多い。要支援2。&nb...続きを読む

関節リウマチ・左坐骨神経痛 84歳女性

●居宅介護支援事業者様からのご紹介「関節リウマチ・左坐骨神経痛 84歳女性」 2年前に転倒し、腰を強打してから左臀部(お尻)・左下肢のシビレ・痛みを発症。早朝が特にひどく、引きずって這うように歩いている。夜もトイレはやっと歩いている。症状は徐々に悪化してきているという。夫婦二人暮らしでご主...続きを読む

冷え取り健康法とは

昔から「冷え」は万病の元と言われております。これは冷え、即ち血流障害が万病の大きな要因になっていることを示しています。冷えると血液(体液)の循環障害が起こり、代謝が悪くなり、内臓の働きが低下し、色々な症状や病気に罹りやすくなります。この冷えを解消する方法として、進藤義晴先生が提唱されている『冷え取り...続きを読む

食養(別名マクロビオティック)とは

玄米をはじめ色々な穀類、豆類、季節の野菜、海藻類などの穀菜食を主とした食生活をすることにより、健康維持、体質改善、治病等を行い、心身ともに健康で豊かな人生を送ることを目的にしています。食材を季節と体調に合わせて選び調理して、大自然の恵みを命の糧として日々いただくことにより、自然のエネルギーを身体と心...続きを読む