施術について

鍼灸治療について

当院では東洋医学・現代医学の両方の分野から患者様の身体の状態を把握し、個々に応じた適切な方法をもって治療を行っています。
また、東洋医学的な方法としましては主として入江FTとFTシステムを駆使した治療を行っています。

入江FTは、下図のように母指の上に示指をのせて軽くスライドさせる事により、患者様の身体から発せられている微小な異常反応を感知・検出する独創的な検査法です。

鍼灸治療について

元々、人間の身体は健康な時は何も異常な情報を出していませんが、ひとたび身体を流れる気の流れが滞ると、体表に微小な異常反応(ここがおかしいです、痛いです、悪いです)を発します。

入江FTを使うと、五臓六腑や経脈の不調和、及び愁訴部を的確にキャッチすることが出来るので、心身の健康状態をより正確に把握することが出来ます。

まず、身体の全体調整=経脈の調整=気(エネルギー)の調整を行います。
その上で、局所(患部)治療を行いますので治療効果がより一層高まります。
このFTによる治療を行うと、多くの患者様が「身体が温かくなってきた、気持ちよい、頭がスッキリしてきた、ウトウトと眠くなってきた・・」などとリラックスした状態になります。

※「経絡治療」の中で、本格的に行っています。

身体に合った治療

身体に合った治療

当院では東洋医学・現代医学の両方の分野から患者様の身体の状態を把握し、個々に応じた適切な方法<をもって治療を行っています。
また、東洋医学的な方法としましては主として入江FTとFTシステムを駆使した治療を行っています。

入江FTは、下図のように母指の上に示指をのせて軽くスライドさせる事により、患者様の身体から発せられている微小な異常反応を感知・検出する独創的な検査法です。

使用する鍼灸道具について

鍼

当院で使用させていただいている鍼は髪の毛程度の太さで、
あまり痛みもなく血が出ることもありません。
全て使い捨ての鍼を使用しているので感染症などの心配もありません。

灸

当院で主に使用しているものは温灸といって、
皮膚に直接焼くわけではなく心地よい暖かさが伝わります。

鍼灸の適応症の例

WHO(世界保健機関)で鍼灸療法の有効性を認めた病気には、次ぎのものを挙げています。

神経系  神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー等
運動器系 関節炎・リウマチ・頚肩腕症候群・五十肩・腱鞘炎・腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)等
循環器系  心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ等
呼吸器系   気管支炎・喘息・風邪および予防等
消化器系  胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾等
代謝内分秘系  バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血等
生殖・泌尿器系 膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎等
婦人科系  更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・不妊等
耳鼻咽喉科系  中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・蓄膿症・咽喉頭炎・扁桃腺炎等
眼科系 眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい等
小児科系   小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善等

※注意事項

一見同じ症状名であっても、個人でその程度は異なり、治療効果に差が出ることもあります。また、同じ個人であってもその都度原因が異なることがあり、その原因によって改善し易い時とそうでない時もございます。

上記の例の症状があるにも関わらずほとんど改善がみられない(予めその症状について医師の診察を受けていない)場合は、他の医療機関での精査をお薦めすることもございますので予めご了承下さい。