施術について

腰や首を動かすと痛い、足やうでにシビレ痛がある、肩や膝・指などの関節を曲げ伸ばしすると痛い、足がつって痛いなど、当院で治療できます。
また、「痛み」は小さいうちから治療を始めて早いうちに除去しておくことをお勧めします。
「あれからなんとなく痛みを感じるときが出てきた」、「痛い!までいかないけど日常生活で気になる」、「重いような痛いような・・」
このように症状が軽度な方でも当院では丁寧に診察・治療させて頂きます。

① 基本治療について

週 2 回以上継続して通える方はこの基本治療のみでも十分良好な経過が見込めます。

「保険を使った治療」と「保険を使わない治療(1650 円)」があります。
「保険を使った治療」は主訴部を中心に周辺部位を調整しますが、「保険を使わない治療」は肩こりや浮腫みなどの保険不適応の症状にも対応しながら身体全体を含めて調整していきます。

「保険を使った治療」の料金は、健康保険の負担割合に応じて変わります。保険が適応になれるかどうかなど、お気軽にご相談ください。

② 鍼灸治療について

当院では東洋医学・現代医学の両方の分野から患者様の身体の状態を把握し、個々に応じた適切な方法をもって治療を行っています。東洋医学的な方法としましては主として入江 FT とFTシステムを駆使した治療を行っています。筋肉・骨格系の症状の他、めまいや頭痛、自律神経症状などの内科的症状にも幅広く対応します。

入江 FT は、右図のように母指の上に示指をのせて軽くスライドさせる事により、患者様の身体から発せられている微小な異常反応を感知・検出する独創的な検査法です。

元々、人間の身体は健康な時は何も異常な情報を出していませんが、ひとたび身体を流れる気の流れが滞ると、体表に微小な異常反応(ここがおかしいです、痛いです、悪いです)を発します。

入江FTを使うと、五臓六腑や経脈の不調和、及び愁訴部を的確にキャッチすることが出来るので、心身の健康状態をより正確に把握することが出来ます。
身体の経脈(気)の調整と局所(患部)治療を行いますので治療効果がより一層高まります。

このFTによる治療を行うと、多くの患者様が「身体が温かくなってきた、気持ちよい、頭がスッキリしてきた、ウトウトと眠くなってきた・・」などとリラックスした状態になります。

─ 使用する鍼灸道具について─

鍼

当院で使用させていただいている鍼は髪の毛程度の太さで、あまり痛みもなく血が出ることもありません。
全て使い捨ての鍼を使用しているので感染症などの心配もありません。

お灸

当院で主に使用しているものは皮膚に直接すえるわけではなく、温灸という心地よい暖かさが伝わるお灸を使用しています。

③ 骨格骨盤矯正治療

以下のお悩みを抱えている方は是非ご相談ください。

  • 骨盤の歪み・開きが気になる
  • 慢性的な頭痛やだるさがある
  • 座っていると膝が外側に開いてしまう
  • 猫背になっている
  • 太りやすくなり、体重が戻らなくなった
  • 疲れやすく、夜熟睡できていない

─ 1.身体の土台「骨盤」とは─

骨盤は主に 3 つの骨で構成されており腸や子宮などを包み込んで守っているほか、重たい上半身を支えつつ下半身に受ける衝撃を吸収する役目を果たしています。
土台である「骨盤」が緩み傾くと、柱である「背骨」が「頭」を水平に保つために無意識に曲げて調整します。これが、背骨の歪みとなります。頭が水平に保たれている為、本人は背中の歪みに気が付きません。
知らず知らずに不良姿勢がクセづいてしまいます。

─ 2.骨盤・背骨が歪むことによる影響─

骨盤・背骨の歪みによる不良姿勢によって、背骨の内部を通る神経や骨盤内神経を圧迫し、神経が伝達している全身の各臓器器官に機能低下を引き起こします。慢性疾かん(腰痛・膝痛・坐骨神経痛・頭痛をはじめ、不眠・眼精疲労・手足の冷え)の80%は骨盤の歪みに起因すると言われています。
筋力が低下しやすく、ぽっこりお腹やお尻のたるみ、慢性的な腰痛や肩こり、呼吸のしづらさや不眠などを招きやすくなります。
尿や便などをコントロールしている骨盤底部の筋肉が弱くなることで尿漏れなどを引き起こします。女性においては月経不順や2人目不妊の原因の一つにもなることも考えられます。

─ 3.施術について─

目的によって矯正の内容が異なる

通常の骨盤や骨格の矯正は、日常生活のなかのさまざまなクセが原因で生じた、骨盤・骨格のズレを正すことが目的です。
産後の骨盤矯正は、妊娠や出産に伴う特有の骨盤の開きやズレを元に戻し、骨盤底部の筋肉の機能を正常化することと、産前のボディラインを取り戻すことを目的としています。
このように、目的に応じて骨格矯正にも種類があります。
施術に入る前に、なぜ骨格矯正を受けたいと思ったのかをお聞かせ下さい。その目的にあった矯正法を行っていきます。

骨格矯正の大まかな内容

施術対象は骨格だけではなく、正しい位置を維持するために必要な筋肉や靭帯も適度な緊張に正します。さらに、骨格の歪みによって生じている身体の不具合(症状・機能低下)に対しての治療的施術など行います。

直接的な骨格矯正の他、周囲筋へのマッサージや治療を行います。

④ 急性の強い痛みに対する治療について

当院が採用している複合高周波治療器「MATRIX WAVE(マトリクスウェーブ)」についてご案内します。

─ 1.MATRIX WAVE の 5 つの働き─

①歪んでねじれた筋膜の正常化、バランスを整える

特殊直角脈波を狙ったポイントの筋全体に作用させ、筋収縮させることにより歪んでねじれた筋膜の正常化、筋膜バランスを整え、症状の改善、痛みに対してアプローチします。

②細胞同士の情報伝達・ネットワークの再構築

細胞は隣接している細胞の情報に影響を受ける特性を持ちます。凝りや痛みが生じている組織の悪い情報を良い情報に書き換え、細胞同士の情報伝達ネットワークのシステムを再構築することで、慢性疼痛、急性疼痛、関節症状を改善することを目的とします。

③直流電流の刺激で神経筋機構の反応を促通する

経皮的電流刺激(TENS)経皮的電流刺激(TENS)によるペインコントロールや筋収縮による血流循環作用に加え、直流電流による固有受容器の刺激により、手技による PNF に比べて、短時間で神経筋の反応を促進させます。

④神経筋を電気により刺激し積極的に再教育する

電気刺激により神経・筋に対して刺激を与える治療手法です。Polar Wave 電気刺激により神経筋に対して刺激を与える治療手法です。Polar Wave MATRIX のNMESは、神経筋を積極的に再教育する作用を持ち、筋を他動的に動かし筋強化や筋機能の回復を行います。

⑤痛みを感じる神経回路を一時的にブロックする

Polar Wave MATRIX は、中周波やハイボルトをトリガーポイントに集中して通電させることで強い生体電流効果(ゲートコントロール理論)を発生させて、神経ブロック効果を引き出します。

─ 2.MATRIX WAVE マトリクスウェーブで出来ること─

  • 直流電流により筋膜を整え、深層・浅層のあらゆる筋肉を正常化
  • 原因不明な痛みや慢性的な痛みの緩和
  • スポーツや日常動作によるケガなどの急な痛みの緩和や炎症抑制
  • 肩や背腰部筋、腕や足などの凝りや張り(筋緊張)の緩和
  • 自律神経機能の改善

─ 3.粘着パッドについて─

肌に密着することで、通電中の運動療法が可能に。
MATRIX WAVE では一般的に用いられているサイズより大きな粘着パッド導子を採用しています。それは通電をしながら様々な運動療法を併用することでより効果が高まると考えるからです。

─ 4.施術内容─

部位にもよりますが、当院で用意している専用の患者着に着替えて頂きます。
パットを用いた自動運動通電と、通電器具や手技調整を駆使した施術になります。

⑤カラダ・リメイク

  • ゴルフのスイング時に重心のズレを感じる
  • 卓球のラリーで身体の反応が追いつかない
  • マラソン後半でフォームが崩れやすい
  • 以前よりも運動中、運動後の疲労感が気になる
  • 自律神経の不調をコントロールしたい
  • 慢性的な痛みや症状から解放されたい
  • 胃腸の働きを整えたい
  • 二の腕やお腹を引き締めたい
  • 悩みはないが今よりも更なる高みを目指したい
  • いつまでも健康なカラダで好きなスポーツを続けたい

─ 1.あらゆる動作に大切な「体幹軸」─

体幹軸とは簡単に言えば、身体の軸のことで、これが整っているということは、体幹が安定して腕や脚への連動がスムーズになるということです。特に、腕や脚の動きでは、体幹軸を基にする円運動によってスムーズな動きが可能となっていくのです。例えば、テニスやバドミントンや卓球のストロークでは、ラケットを持つ腕と反対の腕の動きが、体幹軸を使った連動の結果で出来た理にかなったフォームとなっています。投球動作やバレーボールのスパイク、サッカーのシュートやゴルフスイングなどのフォームも然りです。ランニング時の腕の振りや姿勢維持の動きもすべて、体幹軸からの連動した動きの上にフォームが出来上がっています。当院では、特殊電気療法によるEMSトレーニングとトレーナー施術をセットにして、正しい「カラダ」をつくっていきます。

─ 2.自律神経は背骨に沿って存在する─

自律神経は脳~背骨~骨盤(仙骨)の範囲に存在する神経です。臓器や血管、内臓筋に働きかけ、カラダの水分や臓器の働きを調整する神経です。この自律神経の不調により起こる症状は、発症の起因が多岐に及ぶため、はっきりとした原因がわからないことが多く、その場合に総じて「自律神経失調症」と呼ばれます。治療方法はまず、不調をきたしている状態を正常な状態にコントロールできるようにすることが大切です。そのための手段の一つとして、当院では、後頭部から背骨に沿って骨盤までの自律神経上に特殊電気療法をやさしく流し、沈静化を図りながら自意識で自律神経の興奮を抑える訓練をしていきます。

─ 3.部位ごとのトレーニング─

同じ動作を繰り返すことの多いスポーツや、仕事などにより偏った筋肉のつき方をする場合がよくあります。そういった筋肉バランスの異常を軽減するために、比較して弱い筋肉を鍛える方法があります。また、なかなか負荷をかけにくい部分の筋肉や、二の腕やお腹など脂肪の多い部分の筋肉に対して個別に負荷をかけてトレーニングすることができます。個別に運動指導を行うパーソナルトレーニングをEMSトレーニングに組み合わせて行うこともしています。

─ 4.手軽にできる腸トレ─

胃腸の働きを活性化して、消化吸収を促進し、老廃物の除去、新陳代謝の促進、血行リンパの促進を図ります。ダイエット効果も高め、胃腸炎予防も行い、便秘・軟便などにも効果を発揮します。ベッドに仰向けでお腹に特殊電気をセットするだけで胃腸筋が刺激され「腸トレーニング」が楽に行えます。

⑥ EMS コア( 体幹筋) トレーニング

─ EMSについて─

EMS=Electric Muscle Stimulation。筋肉に電気的な他動運動をさせることにより筋肉を訓練し強化する方法をいいます。
「痛みが取りたい」のその先の「痛みの出にくい身体を作りたい」の目的ために、EMSは理論上極めて高い効果が得られるとされています。

─ 1.体幹筋とは─

一般に体幹というと胴体のことを言いますがここではお腹周りのコア(核)と呼ばれる部分のことをいいます。体幹(コア)には深層にあるインナーマッスル筋群(インナーユニット)と、表層にあるアウターマッスル筋群(アウターユニット)があります。
インナーマッスル筋群は関節や臓器を保護するように付着し、腹圧を高め、背骨や骨盤を安定させて姿勢を保持し、体にしなやかな中心軸をつくります。アウターマッスル筋群は、更に強力に姿勢を維持する役割があります。
インナーマッスルはアウターマッスルの働きを十二分に発揮させる役割もある上、内臓の働きにも影響を与えるためとても重要な筋肉になります。猫背、肥満、腰痛や膝痛、尿トラブル等の身体のお悩みも、インナーマッスルが弱くなっていることが原因の一つと考えられています。

また、インナーマッスルを動かすためのエネルギー源は脂質を燃焼させること。そのため、インナーマッスルを動かすことで体の脂肪分を減らせるのでダイエットにも効果的だと言われています。美しく引き締まった体にしたい人が鍛えたい筋肉はインナーマッスルとなります。
アウターマッスルのエネルギー源は糖質で、インナーマッスルとは異なり酸素を必要としません。容易に筋肥大しやすく、鍛えると見た目にもわかりやすいため、筋肉質な身体を作りたいときに鍛えたい筋肉ともいえます。

─ 2.当院でEMSを使用する理由─

様々に影響を及ぼす筋力低下

運動習慣のない方や産後の女性、中高年の方は特に姿勢保持筋力の低下が見られることが多いです。姿勢が悪くなるだけではなく、関節の隙間が狭くなり痛みやシビレの原因となったり、内臓を正しい位置に保持できず内臓機能やホルモン機能の低下を招いたり、下腹部の筋肉の緩みによる体形の崩れが見られたりなど、様々な影響を及ぼす原因になります。
また、人は常に重力の影響を受けているうえに、動作のクセなどがあるため、治療を受けて骨格が整えられたとしても、筋力低下によってそれを保持することが出来ず、日常生活の中でまた骨格がズレてしまうことがあります。

セルフトレーニングの難しさ

インナーマッスルを鍛える方法として、軽負荷反復運動や、呼吸法、ヨガなどがありますが、実際に行なってみると、深部のインナーマッスルを動かすというのはなかなか簡単なことではありません。取り組んでいても思うような効果がなかなか得られないといった方も多くいらっしゃいます。そんな方への有効な手段が EMS コアトレーニングです。
運動習慣がない方、自分でトレーニングを継続するのが難しい方はもちろん、セルフトレーニングが出来ている方でもプラス αを求める方は是非ご活用ください。

─ 3.患者様が EMS を使用するメリットとは─

  • 関節や骨に負担がなく、ご高齢の方や身体不自由のある方でも使える
  • 運動が苦手な方も楽に、そして正しくインナーマッスルが鍛えられる
  • 時間効率が非常に良い
20 分間ベッドに横になるだけで OK

EMS の魅力は、骨や関節に一切負担をかけずに、狙いたい筋肉を直接鍛えられることです。
EMS を使用したインナーマッスルトレーニングは、基本的に横になるだけです。運動が苦手な方やケガをしていてトレーニングができない方、ご高齢の方でも安心して使用できることも大きなメリットです。
当院にある専用 EMS(直流高周波)であれば、しっかりと正しくインナーマッスルを鍛えることができます。
着替える必要もなく、普段着のままでお気軽にご来院いただいて受けることができます。

インナーマッスルを鍛える代表的なメリット
  • ① 身体の軸が整いあらゆる動作に安定性と効率性を生む。
  • ② 深層部の血流を上げ、手足の冷え改善や効率的な脂肪燃焼。
  • ③ 正しい位置に臓器を戻すことで、便秘や夜間頻尿などが改善される。
  • ④ 正しい姿勢やスタイルを保つことができる。猫背や巻き肩、ポッコリお腹や反り腰などが改善。

─ 4.当院が採用する「MATRIX WAVE」と他社製品との違いとは─

最近流行の EMS 製品は、電気刺激の殆どに皮膚刺激を伴い、深部まで刺激させようとレベルを上げると皮膚に強い痛みが生じてしまいます。その点、 MATRIX WAVE は、他社製品にはない「直流電流」という特徴によって、皮膚感覚が類を見ないほど非常にソフト(人によりゼロ)になります。
また、低周波に高周波を混ぜた独自の波形により、より深い組織の細胞にまで直接働きかけることができるため、知らず知らずに低下してしまっている
筋肉を再教育し、本来備えている身体機能を取り戻すとともに、更に筋肉を強化していくことができます。
当院は「痛みを治してくれるところ」だけではなく、「痛みの出にくい身体作りをしてくれるところ」を目指しています。

※初回のみ無料体験を実施しています。まずは体感してみてください。想像を超える体験が待っています。